顎の下 リンパ 場所

顎の下のリンパ節が腫れる原因の場所

スポンサーリンク

体内に侵入したウイルスや老廃物といったものを排除してくれる働きのあるリンパですが、時に痛みを感じたり腫れてしまうことがあります。
これはウイルスなどと戦っているために起こる現象です。
そんなリンパは全身の至るところに存在していますが、リンパ節が腫れることが多く見られる場所としては、一般的に耳の下や首などが有名です。
他にも顎の下や股関節、腋の下や鎖骨の上などにも腫れが生じることがあり、ひざ下の足などには腫れではなく、浮腫と呼ばれるむくみが見られることもあります。
このようにいろいろな場所で腫れが見られることもありますが、その場所によって基本的に原因となることも異なります。
ただし浮腫の場合は腫れではなく水分が溜まっている状態ですし、腫れでも生理的なものの場合はそのまま放置してもしばらくすれば自然に完治することがほとんどです。
しかしながら病気が原因で腫れている場合は治療が必要ですし、中には命に危険がある病気などもあるので、気になる場合は病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

顎の下に見られるリンパの腫れは、虫歯や口内炎といった病気が原因である可能性が高く、基本的に口腔粘膜や顎の骨、歯周組織や歯といった顎の周辺に炎症系の疾患が発症すると、顎の下が腫れることがあります。
おもに顎にはおとがいと顎下の二種類のリンパ節に分けることが可能で、これらは歯との関連が深いことから、歯リンパ節と呼ばれることもあります。
また腫れも炎症性と腫瘍性の二種類が存在しており、口内炎などのよく見られる炎症ならばさほど心配ありませんが、口腔腫瘍の場合は悪性だといわゆるがんである可能性があるために、腫れは危険なサインでもあります。
とくに顎の下に痛みのないくりくりとした腫れが生じてそれが長く続くようならば、口腔腫瘍の可能性が疑われるために、一度病院を受診して検査をしてみると良いでしょう。
ちなみに顎の下にかぎらず、ウイルスの侵入以外にも流れそのものが滞ることで病気の原因になることもあります。
そのために流れに沿ってセルフケアでマッサージをしたりするのも良いでしょう。

スポンサーリンク