顎の下 痛み 原因

顎の下の痛みの原因とその対処法について

スポンサーリンク

顎の下のしこりの痛みの原因として考えられる事として1つめは、リンパ腺の腫れです。
顎の下にしこりのようなものがある場合、そのほとんどがリンパ腺の腫れによるものです。
しこりがあるからといって心配する必要はなく、念のために病院へ行けば大丈夫です。
2つめは、筋肉のこりによるものです。
これはストレスや睡眠不足によって顎が疲れて、睡眠中に歯ぎしりをする事で起こるものです。
口腔外科に行き診断を受けると良いです。
3つめは悪性リンパ腫です。
これは風邪と似た症状で、発熱や体重減少、また食欲不振などがあります。
それとこの悪性リンパ腫はしこりに痛みがない場合が多く、リンパ腺の腫れによるものであれば、1〜2週間で腫れが引きます。
この病気は非常に危険で命に関わるので早めに病院へ行く必要があります。
4つめは、唾液腺炎です。
この病気の症状としては、顎の下のしこりに痛みが生じ、それと同時に発熱や頭痛などがあらわれます。
唾液腺炎はおたふく風邪の一種です。

スポンサーリンク

顎の下の痛みを治す方法として病院に行くのが一番良い方法です。
他にも色々な方法がありますが、その方法を試す前に本当にその痛みやしこりが悪性のものではないかを知る必要があります。
なので、病院へ行くのが大切です。
受診した際に幾つかの治し方があり、摘出するか経過を見て決めるなどがあります。
経過を見る場合は、まず調べてもらい悪性でないかを確認した上で決める事ができ、どうしてもしこりが気になる場合はしこりを摘出しても良いです。
しこりは悪性のものからそうではないものがあります。
一方で、筋肉のこりが原因の場合はストレスを溜めずに顎の筋肉を疲れさせないようにする事です。
続いて唾液腺炎やおたふく風邪の場合は触ったりせず安静にしてこまめに水分補給をする事です。
最後にリンパ腺の腫れが原因の場合は、口の中を噛まないようにする事です。
口の中を噛んでしまう事で細菌が入ってしまいそこから腫れにつながります。
また食べ後は必ず歯を磨く事です。
常に口の中を清潔に保つ事です。

スポンサーリンク