のど 顎の下 痛い

のどや顎の下が痛い時に、考えられる病気

スポンサーリンク

のどには、扁桃腺という免疫器官があります。
扁桃腺には、表面に小さな穴がたくさんあり、細菌やウイルスなどが侵入してきた時に、撃退しやすい構造になっています。
ストレスや疲れから、体の抵抗力が落ちた時に、風邪をひきやすくなります。
その風邪をきっかけにして、のどが痛くなることがありますが、それは扁桃腺がその機能を果たしているために、腫れて炎症を起こしている状態です。
しかし、そのような役割を持っていることで、病巣になることもありますので、注意が必要です。
ふだんから規則正しい生活を心がけるなど、予防をしましょう。
扁桃腺の炎症は、ひどくなると扁桃炎という病気になります。
のどが痛いために、食べ物や唾を飲み込むことに、苦痛を感じることがあります。
また、高熱を出したり、首のあたりまで痛くなることがあります。
一時的な処置として、首を冷やす方法もありますが、悪化する前に、なるべく早く病院での治療を受けることが大切です。

スポンサーリンク

扁桃腺は、元々リンパ組織の一部です。
リンパというと、首の周辺や脇の下、太腿の付け根がよく言われます。
しかし、リンパは体全体に網目のように存在する組織です。
このリンパも、扁桃腺と同じく体の免疫を保つ役割を持ちます。
扁桃炎の症状が悪化した時、のどだけではなく、顎の下や頚部が痛いことがあります。
これは、リンパが関係しています。
首の周辺には、リンパ節が多く存在します。
リンパ節とは、体に張り巡らされているリンパ管の合流地点のことをいいます。
顎の下のリンパ節を「顎下リンパ節」、頚部のリンパ節を「頚部リンパ節」と呼びます。
扁桃腺に近いため、リンパ管を通じて、顎の下や頚部のリンパ節にまで炎症が及び、腫れて痛いのです。
このように、炎症がひどい場合は、医師による治療が不可欠です。
抗生物質や消炎鎮痛剤、解熱剤などで治療することになります。
のどの痛みによって、食事がとれない場合は、栄養を補給するために点滴を打つこともあります。

スポンサーリンク