顎の下 圧迫感

顎の下の圧迫感について

スポンサーリンク

顎の下に圧迫感があるというときには、顔を自由に動かすことができなくなるので、非常につらいです。
このような顎の下に圧迫感があるときに考えられる原因としては次のようになっています。
一番代表的なものは風邪となっています。
風邪をひいたときには喉の周辺が腫れることがあります。
この時に顎の下に圧迫感を感じることがあります。
この部分にはリンパがたくさんありますが、人間の体にはリンパ腺という血液組織が取るところがあります。
このリンパ腺がたくさん集まっている部分のことをリンパ節といいます。
後頭部の髪の生え際であったり耳の前後や顎の下、このほかにな足の付け根に集中しています。
そこで喉の周辺に感じる違和感の代表的な病気としてリンパ節炎があります。
これはどのような病気となっているのかというと、ウイルスや細菌がリンパ節に侵入することで発症します。
ここで病原菌が優性に働いた場合、そこで免疫が強く反応するようになっているので、炎症が発生するのです。

スポンサーリンク

リンパ節炎の症状としては、圧迫感を感じると共に発熱や痛みが発生することが多くなっています。
腫れている部分の皮膚が熱を持っていることもあります。
できるだけ早く病院を受診することが大切になりますが、すぐに病院に行くことができないという場合には、安静にして体力が回復するようにします。
痛み止めを飲むという方法もありますが、この場合には食事を摂取してから薬を服用するようにします。
中には細菌性の可能性リンパ節炎という病気があります。
これは膿ができてしまうので、さらに腫れがひどくなる傾向があります。
この場合治療方法をして切開をして中の膿を出す必要があります。
また顎の下の圧迫感で注意をしなければいけないことがあります。
それは悪性リンパ腫や白血病などの血液の病気が関係していることがあるということです。
痛みを伴うことが多くなっていますが、悪性腫瘍の場合は痛みがありません。
したがって気になる症状があるときには、病院を受診するようにします。

スポンサーリンク