顎の下 ニキビ 痛い

顎の下の痛いニキビが出来たら、原因を考えることが治療です

スポンサーリンク

顎の下の痛いニキビにお悩みの方は、たくさんいます。
鏡を見るたびに億劫な気持ちになり、痛みも伴って外に出たくなくなる時もあります。
そこで治すためには、なぜニキビが出来てしまったのか原因を考える必要があります。
まずは、ホルモンバランスの乱れによりターンオーバーがうまくいっていないことが挙げられます。
ターンオーバーとは、肌周期とも言われ、古い角質が剥がれ新しい肌に変わることです。
次に、スキンケア不足の場合があります。
顎は、他の肌に比べ手入れを怠りがちな部分のため、きちんと洗顔出来ていなかったり、保湿不足の可能性があります。
そして、次に外的刺激によるものが考えられます。
髪の毛が当たる、手で触ってしまう、男性の場合はひげ剃りの刺激などによってニキビが出来る場合があります。
顎周辺は、皮脂が出やすい部分のために雑菌が繁殖しやすくなっています。
タオルやシーツなどの雑菌や刺激によって肌が荒れてしまうこともあります。

スポンサーリンク

思い当たる原因があれば、それを解決することで治療になります。
ターンオーバーがうまくいかない場合は、生活リズムを規則正しくすることが重要です。
いつもより少しだけ早く寝る、決まった時間に食事を摂る、エレベーターを使わずに階段を利用するなどのちょっとした工夫でいいのです。
生理前に発生する顎の下の痛いニキビには、ホルモンバランスを整えるためにピルを服用するのも一つの手です。
スキンケア不足には、まず洗顔する際にしっかりと洗顔料を落としきることです。
顎の下に、泡が付いたままになっていることがたまにあるので気をつけましょう。
また、顎は皮脂腺が多くありますが乾燥しすぎると余分な皮脂が分泌され、毛穴が詰まってしまうことがあります。
保湿するのは抵抗があるかもしれませんが、乾燥もニキビの原因となるため保湿をしっかりします。
次に、出来るだけ肌に触れないことが清潔に保つためにも必要です。
無意識に手で触れてしまう時もありますが、ちょっと意識して触らないようにしましょう。
また、タオルや枕カバーなど肌に触れるものは定期的に洗濯します。
顎の下の痛いニキビは、雑菌が繁殖して発生することも原因としてあるので出来るだけ清潔にし、刺激を与えないことが大事です。

スポンサーリンク