顎の下 しこり リンパ腫

顎の下に発生しやすいリンパ腫のしこりの問題

スポンサーリンク

顎の下の部分は頭と胴体をつなげる重要な場所なので、多くのリンパ腺が存在しています。
このリンパ腺は体の免疫力を管理する所ですから、病気になると腫れることがあります。
そのような問題がリンパ腫になる事もあり、長期的にうまく改善できないケースも存在します。
そしてこのようなリンパ腫はしこりとして感じることが多く、指で触ると塊を感じることがあります。
このような塊は体の調子が良ければ自然に回復しますが、そうでない時はうまく治らないケースも存在します。
顎の下にできたしこりの問題は、多くの場合悪影響を与えることはなく安全です。
ただまれに癌になるなどの大きな問題になる事もあるので、症状が気になるならば病院でみてもらうといいです。
病院ならば詳しい検査をしてくれますし、問題になっている塊を取ってくれる場合もあります。
この部分にできやすいこの症状は問題にはなりづらいですが、長期間治らない時は検査を受けたほうがいいです。

スポンサーリンク

顎の下にできたリンパ腫はしこりとして感じることがあり、首のあたりを触ると塊ができていることがあります。
この問題は風邪などをひいた後にできやすく、しばらく休んでいれば自然に治っていく症状です。
なぜこのような問題が起こるのかというと、それはリンパ腺がバイキンと戦うからです。
リンパ腺はバイキンと戦って体の免疫を維持する効果があり、その結果この部分が腫れることがあります。
その腫れはバイキンと戦った結果なので、しばらくすると分解され体に回収されます。
ただ回収されるまでに時間がかかることがあり、そういう時はしばらくしこりが残ることがあります。
また顎の下にできるしこりはリンパ腺以外の原因もあり、よくあるのは首の筋肉の疲労によるものです。
首の筋肉に大きな負担がかかると、その影響でこの部分に塊のようなものができることがあります。
このような形でできた塊は首の部分の疲労を減らすことによって、改善することができます。

スポンサーリンク