親知らず 抜歯 顎の下 腫れ

親知らずが原因での顎の下の腫れなら抜歯で改善できる

スポンサーリンク

顎の下の腫れを感じ不安を感じている人もいるのではないでしょうか。
思い当たることがないのに、急に顎の下が腫れてしまうと、悪い病気ではないかと不安を感じてしまいます。
この症状の原因として挙げられるのが、筋肉のコリや老廃物がたまってできる粉瘤、悪性リンパ腫やおたふくかぜで代表される唾液腺炎などが挙げられます。
筋肉のコリと聞いてもなぜ顎の下がコルのかと思う人もいるでしょう。
肉体労働をしていたり、毎日同じ姿勢で仕事をしているといった場合には、肩や腰がコルということはよくあります。
しかし、顎の筋肉がコルといったケースは、ストレスや虫歯などが関係しています。
ストレスを感じると寝ているときに歯ぎしりをするという人がいます。
このような人の場合には、顎に大きな負担をかけることで筋肉が凝ってしまうことがあります。
また、虫歯などがなくても、親知らずによって炎症が起こり腫れとなって現れることがあります。
このような場合には、親知らずを抜歯することで解決することができます。

スポンサーリンク

親知らずは通常18歳ごろに生え始めます。
他の歯と同じように生えてくれる場合にはいいのですが、斜めに生えてきたりしてしまうと体に様々な影響を与えることになります。
歯磨きがうまくできなかったり、一部しか生えていない、横向きに生えてきているといった場合には、抜歯をすることで今後の生活にも良い影響を与えることにもなります。
抜歯と聞くと高いお金がかかるのではないかと心配する人もいるのではないでしょうか。
歯科治療と聞くと高いというイメージがあり、親知らずが気になるけど病院に行くことをためらってしまいます。
しかし、親知らずの抜歯は比較的安い料金で治療することができます。
料金は生え方によって多少の違いがあります。
綺麗に生えてきている場合なら1,000円程度、横向きなら3,000円程度、埋まってしまっているというケースなら4,000円程度です。
このほかにも、初診料や投薬料、レントゲン料などが必要になります。
通常トータルでも5,000円程度で済むことから、まずは歯医者さんに相談してみることが大切です。

スポンサーリンク