顎の下 押すと痛い

顎の下を押すと痛いときには

スポンサーリンク

顎とひと言で言ってもそれはたくさんの範囲として考えることができます。
食事をするときや会話をするときに非常に大きな役割を果たす部分となっていますが、顎の下を押すと痛いときには、何か異常が発生していることが考えられます。
顎の下を押すと痛いという状態を放っておくと、食事を満足に摂取することができなかったり、会話をするのがつらいと感じるようになります。
したがって適切な処置をすることが大切です。
顎の下を押すと痛い場合に、耳の前の部分が痛いと感じることがあります。
この時に考えられる病気は次のようになっています。
一番有名なものとして顎関節症があります。
顎の痛みの中では代表的なものとなっていますが、顎の関節から音がしたり口を開けることができないなどの症状を伴うことがあります。
片方の関節に痛みを感じることが多くなっていますが、このほかには関節リウマチの可能性もあります。
耳の下の部分でも、えらと呼ばれる周辺が痛いときにはさまざまな病気の可能性があります。

スポンサーリンク

ここで考えられる病気の一つとして、歯が原因となっていることが多くなっています。
親知らずの可能が原因となっていたり、顎の骨の中に膿が溜まる袋ができることがあります。
このほかにはアゴした腺下腺炎や耳下腺炎という、だ液を作る部分に異常が発生したときに炎症が見られることがあります。
子供を中心に有名となっているのがおたふく風邪となりますが、流行性耳下腺炎と呼ばれています。
この場合耳の下の腫れや痛みが特徴的となっています。
しかしここには個人差があり、あまり腫れが見られないということもあります。
顎の下の先端が痛いということがありますが、ここに痛みが発生することは珍しいことです。
この中で下の前歯の虫歯がひどくなったときに痛みが発生することがあります。
このほかには外傷が関係していることもあります。
とくに小さな子供の場合には、どこかにぶつけてけがをした後に押すと痛いと感じることがあるので、注意が必要となります。

スポンサーリンク