顎の下 痛いとき 治す方法

顎の下が痛い時に治す方法とは・・・?

スポンサーリンク

顎の下が痛いと感じるときは、リンパ腺の腫れが原因となっているかもしれません。
これらは生活リズムを改善していくことで治すことができます。
では、どういうような治す方法が効果的なのでしょうか。

 

 

【顎の下が痛いと感じる原因は?】
顎の下にはリンパが通っており、これらは老廃物を排出したり、免疫機能を調節する役割を持つものです。
これらは虫歯・親不知・風邪・ストレスが原因で腫れることがあります。
そうすると顎下リンパ節というものが腫れることで押したり触ったりすることでも痛いと感じることがあります。

 

 

これらは生活リズムを治すことで改善することができます。
バランスのいい食事や適度な運動、良い睡眠を心がけることで体が健康的になっていきしだいにリンパの流れも正常になっていきます。

 

 

【顎の下をぶつけた時】
物理的な痛みで顎が痛む場合、治す方法としては冷やすことです。

 

温めてしまうと血流がよくなり治癒が遅くなってしまう場合があるので注意しましょう。
また、この場合は自然治癒に任せるのが効果的です。

 

スポンサーリンク

【病院に行く場合の治す方法は・・・?】
筋肉が痛い場合は、筋肉の凝りが原因となる場合です。
これらはストレスに加えて虫歯や眠っている時の歯ぎしりが原因となります。
これらを治す方法としてはストレスのない生活を心がけるか、虫歯・親不知の治療をしてください。
歯ぎしりは歯医者や口腔内科で診療してもらえばマウスピースをつくってもらうことが可能です。

 

 

【手術をしなければならない場合も!?】
顎の下が痛い場合がリンパの痛みや筋肉の痛みであれば簡単に治す方法がありますが、粉瘤といったものができてしまっている場合は自然には治すことができないので手術が必要となってしまいます。

 

粉瘤とは老廃物が皮膚下にできた袋状の部位にたまってしまい、しこりとなるものです。
炎症を起こすと痛みを感じるものもあります。

 

 

自分の痛みがどのようなものであるのか見定めることが必要になってきます。

 

 

顎の下が痛いと言っても原因はいくつも存在します。
それに従って治す方法も存在します。
自分の痛みがどのようなものであるのかを理解し、治す努力をしてみてください。
一番重要なのは生活のリズムを見直すことです。

スポンサーリンク