顎を押す 痛い 治し方

顎を押すと痛いという経験がある人におすすめの治し方

スポンサーリンク

顎の部分を押すと痛いと感じる人はいませんか。
これは何が原因なのでしょうか。
そんな悩みを持つ人におすすめの治し方があります。
これは近年の若い人たちが抱えている悩みの一つです。

 

 

【顎を押すと痛い原因って?】
顎とは思っているよりも多くの面積を持ちます。
耳の下の骨の部分から輪郭の下のあたりまですべて顎になります。

 

この中で一番悩まれている原因としてはがく関節症が挙げられます。

 

 

【がく関節症って何?】
がく関節症とは、耳の下にあるがく関節部という部分がずれることで痛みが生じていることです。
これは口の開閉時に最も多くの痛みを引き起こします。

 

生活習慣の乱れやストレスなどが原因で起こることもあります。

 

 

がく関節症とは咀嚼筋という筋肉とも深い関係があります。

 

咀嚼筋は背筋などに比べるととても小さな筋肉ですが、この筋肉が痛み、悪化することで痛みが引き起こされます。

 

スポンサーリンク

【おすすめの治し方ってあるの?】
顎を押すと痛い場合のおすすめの治し方は、まず原因となる部分の克服となります。

 

 

リンパ腺や筋肉の凝りが原因の場合、生活リズムを見直して正常なリンパの流れを取り戻す必要があります。
バランスのいい食事や適度な運動そしていい睡眠をとり、ストレスのない生活を心がけてください。

 

筋肉の凝りは、寝ている間の歯ぎしりが原因となる場合があるので口腔外科や歯医者でマウスピースを作ってもらうことをおすすめします。

 

 

次に悪性リンパが原因の場合の治し方ですが、この症状の場合しこりができても痛みがなく発熱が起こります。
食欲もなくなるため風邪のような症状になりがちです。
この場合はすぐに病院に行き診断をしてもらってください。

 

 

皮膚下に炎症やニキビができている場合も押すと痛みを感じる場合があります。

 

この場合は肌の状態を正常に戻すように普段からの正しい洗顔や、スキンケアを心がけてください。
いくら押すと痛いことが気になるからと言って、触りすぎるのはいけないことです。

 

 

顎を押すと痛いと感じる場合はおすすめの治し方としては生活習慣を見直して正しいリンパの流れや肌の状態を保つことにあります。
がく関節症の場合もありますので、病院に診断してもらいに行くのもいいと思います。
自分の痛みの原因を理解したうえで正しい処置をとるようにしてください。

スポンサーリンク