あくび 顎がつる 原因

あくびをすると顎がつる原因って何?

スポンサーリンク

あくびをすると顎がつるという事に対して不安に感じてしまうことはありませんか?毎回あくびをするとつるわけではないし、すべての人が起こっている訳でもなさそうです。
この原因がわかれば治せるはずです!

 

【あくびと顎の筋肉について】
顎にも足や腕と同じように咀嚼筋という小さな筋肉がついています。
あくびをして顎がつるという経験をする人はこの筋肉がつっていることが原因となります。

 

これはミネラルなどのバランスが崩れ、筋肉がつかれているところに急にあくびによって力が加わることによって起こってしまいます。

 

 

頭の重さが重いという事は有名な話ですが、首の筋肉というものはこの思い頭を毎日支えているのです。
これで筋肉に相当の負担がかかってしまうのも当たり前ですよね。

 

スポンサーリンク

【普段からの生活でも原因を作っているかも!?】
・夜寝るときに歯ぎしりをする
・ストレスがたまっている
・奥歯をかみしめる癖がある
・ついほおずえをついてしまう
・うつ伏せで寝ている
・柔らかい食べ物ばかり食べてしまう

 

こんなことが日常で起こっていませんか?これらががく関節症を悪化させる原因となり、がく関節症が悪化すると顎がつる原因になります。

 

これらは意識をすることで治すことができます。
普段からの生活でも正しい姿勢に心がけるようにしましょう。

 

 

あくびをすると顎がつる原因としてはストレスや体の歪み、よく喋ることが原因としてあげられます。
普段の生活から意識をして治すこともできますので、歯ぎしりやほおづえは今からでもやめるようにしましょう。
すぐに治ることはありませんが、時間がたてば治すことができます。

スポンサーリンク