顎の下 痛い 冷やす

顎の下が痛い場合は冷やすのが正解!?

スポンサーリンク

顎の下が痛いというのは最近の人が意外と抱えている悩みでもあります。
その時は冷やすのがいいのか?温めるのがいいのか?これらの違いで効能が全然違います。
あなたの痛みはどちらが正解なのでしょうか。

 

 

【顎の下が痛むときに冷やして大丈夫!?】
突然耳の周辺や顎の下が腫れるときはありませんか?ズキズキと痛むから何とかしたいのにどう処置すればいいのかわからない人は冷やすのがおすすめです。

 

これはリンパの流れが原因であることが多いので、冷たいたタオルなどで冷やしてあげてください。

 

顎の下にしこりができてしまった場合も同様です。

 

 

また、風邪・虫歯・雑菌・ストレスで腫れができてしまった場合も冷たいタオルで冷やすことが効果的です。

 

 

反対に腫れている時に温めてしまうと、逆効果になってしまいます。

 

温めるときは血流が悪くて痛い時のみにしてください。

 

スポンサーリンク

【顎の下の痛みには】
痛みがひどい場合には、鎮痛剤を使うことも有効です。
炎症などが起こってしまっている場合にはその患部を冷やすことで痛みを和らげることもできます。

 

 

体調管理が重要となってきますので、痛いと感じるときはすぐに気づき、処置をしてください。

 

すぐに受診することも大切です。

 

 

顎の下が痛い場合の処置として温める場合と冷やす場合があります。
もしも腫れや炎症が起こって痛いと感じる場合は冷たいタオルなどで患部を冷やすようにしましょう。
反対に血流が悪くなり痛みを感じる場合は、温かいお風呂などで温めながらマッサージをすることをおすすめします。

スポンサーリンク