若者 多い あくび 顎つる 原因

若者に多いあくびで顎がつる原因

スポンサーリンク

最近、若者の間でもあくびをすると顎がつるという悩みを持つ人が増えてきています。
これは生活文化の変化が原因となっているようです。
では、どのようなことが原因となっており、どんな工夫をすればこれを改善することができるのでしょうか。

 

 

【あくびでつるのはどうして?】
あくびをすると顎がつる原因となるのは、普段から咀嚼筋と呼ばれる顎の筋肉を使っていないためあくびで急激に筋肉が反応することによって起こってしまいます。

 

対して、最近の若者はというと顎が小さい人が多くいます。
これらが、がく関節症を引き起こします。

 

また、歯が32本生えそろわない原因にもなってしまいます。

 

 

顎が小さいことは噛み合わせが悪い原因にもなってしまうので、健康を考えたうえでもいいことではありません。

 

スポンサーリンク

【どうして骨格まで変化するのか】
食文化が変化することによって現代では柔らかい食べ物が多くなってきました。

 

おやつと言っても昔のように煎餅をバリバリ食べるというよりは、柔らかいケーキのようなものを食べる機会も多くあります。
食事でも麺のような柔らかいものを食べることによって顎の筋力も低下し、さらには骨格まで小さくなってしまうことで若者の小顔化が進んでしまっています。

 

 

筋力をつけるとあくびをしても咀嚼筋がつることは少なくなります。

 

ふだんからよく噛むことや柔らかいものばかり食べすぎないようにし、咀嚼筋を強化させていきましょう。

 

 

最近の若者が顎がつる原因としては、筋力低下と若者の小顔化が考えられます。
咀嚼筋を鍛える方法として、しっかりと固いものも食べるようにすることと、よく噛むことを意識してください。
また、体の歪みも原因となるので、パソコンの姿勢やスマートフォンを触る姿勢も注意しましょう。

スポンサーリンク