高齢者 顎がつる 原因

高齢者が抱える顎がつる原因

スポンサーリンク

高齢者の方で最近顎がつるようになったと感じる方はいませんか?その原因は何なのでしょうか。
この悩みを抱えている人は最近増えています。
おなじく若者でも同じ悩みを抱えているものです。

 

 

【高齢者が抱える顎事情】
高齢者の方は年を重ねるごとにたくさんの健康や体についての悩みを抱えています。
筋力の低下や骨格の変化などもその一つと言えます。

 

顎にも同じように咀嚼筋という筋肉がついています。
これは食べ物を噛んだり口を開けたりするときに使われるものです。
この咀嚼筋の筋力が低下してくると、普段の何気ない衝撃でも咀嚼筋が急に使われることで筋肉が驚き、顎がつる原因になってしまいます。

 

 

顎が弱くなってくると、痛くなったり、口が開けにくくなってしまったりすることがあります。
これは顎関節症の一つで近年は年齢にかかわらず若者の間でも多くみられる病気の一つです。

 

 

顎関節の異常が多くみられると、顎周辺の筋肉のコリが痛みが出てしまいます。
さらに、顎の筋肉や関節まで痛くなってしまいます。

 

こうなると食べるものにも苦労するため、柔らかいものばかり食べるようになってしまいます。
これが悪循環の始まりです。

 

スポンサーリンク

【何が原因で顎の筋力が低下するの?】
高齢者にとって口のトラブルは多く見られます。
顎がつるという事だけでなく、歯に関する悩みも多いようです。

 

高齢者の顎の関節や筋肉が痛むことや、顎がつる原因としては以下のことが考えられます。

 

・歯並びが悪く、噛み合わせが悪い
・歯の治療をしているのにもかかわらず、うまくいってない場合
・歯ぎしりや食いしばりが癖になっている
・頬ずえをつくことが癖になっている
・ストレスや精神的な不安がある
これらが積み重なっていくうちに顎が正常な形ではなくなってしまい、顎の筋力が低下することで顎がつる原因となってしまいます。

 

 

悪い癖は今から治すように心がけ、歯並びが問題であると感じるならば歯医者に相談するようにしましょう。

 

 

高齢者の方で顎がつる原因としては、顎の筋力が低下していることと歯並びが原因であると考えられます。
食べ物を噛むときにはよく噛むことを意識し、歯並びについては歯医者に相談するようにしましょう。
健康的で快適な生活を作りましょう。

スポンサーリンク