顎の下 しこり 原因

顎の下にある痛くないしこりの原因

スポンサーリンク

顎の下にできてしまったしこりが気になることはありませんか?痛くないけども顔にできてしまったしこりについては気になるものです。
原因を知ることで正しい対処をし、再発を防いでいきましょう。

 

 

【顎の下にある痛くないしこり】
それはリンパ節の炎症かもしれません。
リンパ節は身体のいたるところに存在し、もちろん顎の下にも存在します。

 

顎にできたしこりについては口や咽頭の細菌感染が原因であることがあります。

 

しかし、悪性腫瘍の可能性もあります。
悪性腫瘍は初期症状として痛くないことが特徴であるので、数日たってもよくならない場合は血液内科もしくは耳鼻咽頭化を受診しましょう。

 

 

もしくは、脂肪腫という良性の腫瘍の可能性があります。

 

こちらは遺伝性であることが多く、肥満児・正常時ともに現れます。

 

顎の下にかかわらず、背中や腕、太ももにもしこりができることがあります。
最初のほうは痛くないと言っても、大きくなったり神経の近くにできてしまうと痛みを感じる場合がありますので、皮膚科や形成外科の受診をおすすめします。

 

スポンサーリンク

【原因と改善】
しこりができてしまう多くの原因はリンパ節にあります。
リンパ管は免疫機能を調節することや老廃物の排出をするためにとても重要な役割を持ちます。

 

これらのリンパ液に雑菌が入ってしまうことが原因で、リンパが腫れてしまいます。

 

 

またこれはとても繊細なものですので疲労やストレスなどが原因でもリンパに異常ができてしまいます。

 

正しい生活習慣を心がけるようにし、バランスのいい食事やいい睡眠をとるようにしましょう。

 

 

顎の下にできてしまった痛くないしこりの原因はストレスや疲労、雑菌感染によるものです。
正しい食事・睡眠・運動を心がけ健康的な生活を送るようにしましょう。
また、怪我をした時は、清潔なタオルなどで消毒し雑菌が体に入らないようにしましょう。

スポンサーリンク