寝起き あくび 顎の筋肉 つる

寝起きのあくびで顎の筋肉がつる状態に繋がる

スポンサーリンク

寝起きに誰もが無意識のうちにしてしまうあくび。
それによって顎の筋肉がつるという状態になる人は少なくありません。
強大な刺激が加わることで、突如として痛みが生じるからこそ、日頃から大きくあくびをすることに気を配らなければなりません。

 

 

【寝起きに起こるあくびの恐怖】
顎の筋肉がつるというリスクを背負うのは、特別な人ではありません。
誰しも行う何気ない動作が引き金となって起こることがあるのです。
それが、「あくび」なのです。

 

 

あくびにとって大きく開口する際、顎の筋肉がつるという状態が起こります。
これは寝起きに行う「体を伸ばす」ことと併せて行う動作ではないでしょうか。
そんな何気ないものが、日常生活に不利益を被ることになるかもしれません。

 

 

【脳の酸素が足りなくなる時にもリスクが潜む】
眠たい時ばかりがあくびのタイミングではなく、疲れが貯まって来た時にもあくびが出ます。
脳が酸素不足に陥った時に出るものなので、その時に顎の筋肉がつるかもしれません。

 

 

寝起きだけでなく、日常のあらゆるタイミングにあくびが出るはず。
その仕組みがわかっているだけでも、体にとってのデメリットが小さくなります。

 

スポンサーリンク

【無呼吸を調べておくことも有効】
寝起きにあくびが何度も出るという時には、睡眠の質を評価しなければならないかもしれません。
睡眠時無呼吸症候群の場合には、十分な睡眠がとれず、眠気が取れません。
そうなると、当然ながらあくびが沢山出てしまいます。

 

 

寝起き以外にも何度となく出現する場合には要注意。
顎の筋肉がつるというよりも、もっと深刻な問題を抱えているかもしれません。

 

 

顎がつるという状態は、強烈な刺激が加わることで起こります。
大きく口を開けるようなあくびの状態が、まさにリスクの高い動作です。
ただし、眠気が付きまとう睡眠時無呼吸症候群が原因のこともあるので、深刻な事態に移行する前に病院を受診しましょう。

スポンサーリンク