顎の下 しこり 痛み 何科

顎の下の痛みを感じやすいしこりは何科でみてもらうべきか

スポンサーリンク

顎の下の部分は複雑な場所なので色々な病気が発生することがあり、それに合わせた治療が必要になります。
この部分にできやすい問題はしこりで、特に痛みをともなう問題の場合は負担が大きくなります。
顎の下にできるしこりの原因として可能性があるのは、甲状腺に異常が発生していることです。
甲状腺とは首のあたりにあるもので、これに異常が起こると首に塊のようなものができます。
この問題が起こってくると自覚症状が出始めますから、多くの場合本人が気づくので治療がしやすいです。
他の問題としてあるのはリンパ線の腫れによるもので、この症状は病気になると起こりやすいです。
リンパ線の腫れは痛みを感じないことが多く、ある程度悪化してから気づくことになります。
そのため症状が悪化してしまうことがよくあるので、注意が必要な病気になっています。
それ以外で起こりやすい問題としては、脂肪の塊がしこりとして発生することがあります。
このような形でできた脂肪の塊には害はないのですが、気になるならば病院で治してもらうといいです。

スポンサーリンク

顎の下のしこりの原因はいくつか存在し、その問題に対応した治療を受けることが大事です。
この問題を引き起こす原因としてあるのは甲状腺で、この部分がおかしくなると異常が発生ます。
甲状腺の問題は不快感を感じたり、痛みを感じることがあるので気づきやす傾向があります。
そのためもしこのような問題を感じた時は、内科に行って詳しく調べてもらうといいです。
首の部分に何らかのしこりを感じた時は、リンパ腺が腫れて問題になっていることもあります。
この時に何科で治療を受けるべきか悩みますが、リンパ腺の問題の場合は血液内科か耳鼻咽喉科が向いています。
それ以外の首のあたりに脂肪の塊ができて、それが気になる時は皮膚科や整形外科に行くと治してくれます。
ただしこりがなぜ発生しているのかは分かりづらいため、最初は病院で原因を調べてもらうといいです。
そうすれば何科で治療を受ければいいかが分かりますし、どこの病院の何科を利用すればいいかアドバイスを受けることもできます。

スポンサーリンク