顎下 原因 リンパ節

顎下が押すと痛い原因はリンパ節のせい

スポンサーリンク

顎下部分が押すと痛いのであれば、その原因を探るために医療機関を受診すべき。
ウイルスや細菌感染によってリンパ節が炎症を起こしているのかもしれませんし、もしかすると甲状腺に悪性腫瘍が生じているかもしれないのです。

 

 

【風邪でも腫れるけれど要注意】
リンパ節が存在する顎下部分。
そこには甲状腺などの大切な器官が存在します。
押すと痛いというのであれば、ウイルスや細菌が感染して炎症を起こしているかもしれません。
でも、それが持続するのであれば要注意。

 

 

【良性・悪性の判断も重要】
悪性腫瘍も視野に入れなければならないからこそ、医療機関を受診して現在の状態を正しく評価してもらうのがベストです。
薬で解決するのか、もっと深刻な事態に発展する可能性を秘めているのかを知る上でも、顎下部が押すと痛いという状態は放置しないようにしましょう。

 

 

リンパ節が原因という場合でも、良性なのか悪性なのかで対応が大きく異なります。
自分の感覚では、その評価を行うことは不可能です。

 

スポンサーリンク

【顎下の腫れが大きくなる感じがある時は】
リンパ節は痛みを伴うことなく、しこりがあるという程度の違和感を呈する時もあるでしょう。
その大きさが変化しているようであれば、医療機関を受診して原因を探るサインです。

 

 

リンパ節は良性のものと悪性のものが存在するので、そのどちらかを判断してもらうことで、経過観察か治療かが決まります。
押すと痛いという状態がある場合には、その原因を医学的に評価してもらうべきではないでしょうか。

 

 

顎下にしこりがあったり、押すと痛いという状態があれば、それは原因を探るべき。
リンパ節が存在する場所なので、良性・悪性の判断を仰ぐと良いでしょう。
それが治療にも繋がりますし、経過観察で良い場合もあります。

スポンサーリンク