顎の下 痛い 病院

顎の下が痛いときの病院

スポンサーリンク

顎にたまに痛みを感じることがあります。
顎の下が痛いと感じたときには、何か大きな病気が関係しているのではないかと心配になってしまいます。
毎日注意深く観察するところではありませんが、顎の下にしこりができていたいときには、病院を受診する必要があります。
しかしここで気になることは、顎の下が痛いときに病院の何科を受診すればいいのかという点です。
一般的にはないかということが頭に思い浮かびますが、顔や顔の近くにできたものということで、外見的にも女性の場合非常に気になります。
顎の下にはしこりなどのできものが発生しやすくなっています。
しかしこのできものに関しては、良性の場合が多くなっています。
中には悪性の可能性もあるのでしっかりと病院で検査をしなければいけませんが、それほど大きな心配をする必要がありません。
そのなかで顎の下が痛いときに考えられるのがリンパ節炎になります。
これはリンパ管という管に細菌が侵入することで症状が現れます。

スポンサーリンク

顎の下にはたくさんのリンパが通っているので痛みやできものが発生しやすくなっていますが、他に口内炎ができていることもあります。
基本的に良性のものが多くなっていますが、悪性の可能性も少しはあります。
このほかに考えられることは筋肉のこりです。
虫歯や粉瘤の可能性もあります。
原因がたくさん考えられるので、病院の何科を受診すればいいのか悩んでしまいますが、明らかに口の中が原因と考えられる場合には口腔外科を受診するようにします。
しかしそれ以外が原因として考えられる場合には耳鼻咽喉科を受診するようにします。
基本的に多くの場合耳鼻咽喉科で治療をすることができます。
中には病院に行くのを嫌がる人もいます。
しこりの場合良性の可能性が高いので、自然治癒することもありますが、やはり大きな病気が隠されていることもあるので、心配な人は病院を受診するようにします。
そして安静に過ごすように心がけることで免疫力が上がり、回復を早めることができます。

スポンサーリンク